平穏な日々の中で、一瞬のキラリを見逃さぬよう過ごしたい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13日夕方の富士山と夜景です。 日没後30分が経過してますが、オレンジ色のままの綺麗な空でした。こんなに綺麗に見える富士山は初めてです。
富士山を筑波山から眺める
元画像はこちらです→http://photozou.jp/photo/show/191645/16925698
富士山までの距離は157Kmあります。画像は良くないですね。コンデジG9なんでこんな感じでしょうか? 

富士山を筑波山から眺める
元画像はこちらです→ http://photozou.jp/photo/show/191645/16925717
私はよくわからないんですが、隣にいた方が新宿のビルが見えると驚いていました。写真左側のビルがそうなのかな?

↓応援ありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
スポンサーサイト

皆さま、こんにちは。お変わりありませんか?
皆様の訪問を心より、感謝しております。つい最近ですが女房と娘を連れて、家から30分程で行ける「雨引山・楽法寺」に訪れました。 雨引山には、ここ数年訪れたことがありません。
だいぶ景色も変わった事と思います。急な階段を登って、大きな山門をくぐった記憶しかありません。
12月5日ですが、まだ紅葉は残っていました。
それでは、その内容をスライドショウでご覧下さい^^。


(10 photo)
赤い山門をくぐり、左手に緋鯉の泳ぐ池があります。当日は風が強く落葉が沢山舞っていました。
新鮮な落葉が池の水面を漂い、その下を緋鯉が泳いでいます。絢爛豪華でまるで錦絵のようです。
雨引山に来てよかったなぁ~と感激しました。
この池の上側にもう一つの池があり、此方は、錦鯉と緋鯉がマガモの番いと一緒に棲んでいます。
上の池は、下の池よりも数段大きくて、数多くの鯉とイチョウ、モミジの落葉が、これまた綺麗に水面に浮いています。 とっても豪華です。 暫し眺めながら写真撮りに没頭しました^^。
(1 photo )追加しました。後日、雨引山で撮った離し飼いの孔雀、綺麗でした^^

最後になりますが、私が最近撮った「お気に入り」の3枚です。時間のある時にでも覗いてみて下さい^^。

http://photozou.jp/photo/show/191645/15922089
カエル目線・筑波山

http://photozou.jp/photo/show/191645/15885672
ビビッドな花

http://photozou.jp/photo/show/191645/15809260
緋鯉と落葉・この写真はスライドショウに表示されています。
☆3枚とも写真の上でクリックすると拡大されます^^。

それでは皆様、寒くなりましたが風邪などひかぬようお元気でお過ごしください^^。

↓応援ありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

皆様、だいぶご無沙汰してしまいましたが、如何お過ごしでしょうか・・・皆様が御健康で過ごされている事を願っています。
さて、私事でございますが、5月にブログ用に購入したカメラも、ついに10000回のシャッターチャンスを超えました。
最近の私は、「腹の立つことは忘れ、楽しみを見つけることが健康の秘訣!」・・・そう思いながら、趣味の写真撮りに没頭していました。
最近訪れた、お寺を紹介したいと・・・約一か月ぶりの更新です。いつも訪れてくれた皆さんには、こちらからお邪魔することも出来ず申し訳ないと反省しております。御免なさい・・・。
最初は、モミジが綺麗な事で有名な「性山寺」からです。下から石段を登って行き、中ほどの山門からの撮影です。

(7 photo)
性山寺で一時間ほど楽しんで、次の大覚寺に向かいます。此方は性山寺から見て北東に位置し、加波山を山越えして行きます。山越え中の紅葉も色づきが良く綺麗でした^^。約40分ほど走り、大覚寺に到着しました。大覚寺の「裏見無しの庭」は中央に池を挟んで、何処から見ても裏が無い素晴らしい日本庭園です。池の手前の茅葺屋根の建物では茶会も開かれるようで、女房は若い頃度々訪れたようです。季節を問わず訪れても素晴らしい庭園で、暫し庭を眺めてくつろぎました。

(7 photo)
上の写真にありました、池の映りを背景に撮った万両は、赤い実の色づきも良く綺麗でしたね^^。

最後の蚕影神社は、日本一社の神社で養蚕の盛んな頃は、参拝客も多かったそうですが、最近では養蚕農家も無くなり、ひっそりと静まっていました。 この写真は寺巡りの一週間ほど前に撮ったもので、当日は雨模様でしたから参拝客もいなかったのかな? 薄暗い境内入口付近で撮りましたから、ISOも高くなりザラツキもありますが、雨に濡れた石段と落ち葉の輝きが素晴らしく、晴れた日とは違った趣がありました。

(4 photo)

↓応援ありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ




皆様、お久しぶりです。 いかがお過ごしですか・・・風邪など召さぬよう気をつけて下さいね。
今週はじめから、筑波山麓秋祭りというイベントがあり、各所で色々な催しがありました。
私と友人は、筑波山神社付近の「灯りイベント」の撮影にスポットを絞りました。下の地図をご覧ください。
筑波山麓地図
先ずは、38番「竹明かりの石段」・「大越邸の灯り」からご紹介します。つくば道のなかでも昔のながらの姿を残す石段を竹灯篭で灯します。また、石段で結ばれる大越邸や旧筑波山神社も燭台や行灯で内外から彩ります。

(全6枚)
石段の竹灯篭、暗くてすみません。私のカメラでは限界でした、あと5秒あれば明るく写ったでしょう。
大越邸では籠とざるを使った、灯りと影の魅力が素晴らしかった。 大学生が灯りと籠をずらして、壁や障子に映った影を大きくしたり、小さくしたりと操ってくれました。彼は芸術学部の方だと思います。 素晴らしい光と影のコーディネーションに感激しました。時間がゆっくりと過ぎていくように感じられます。

(全5枚)
真っ赤にライトアップされた「随神門(市指定文化財)」です。 遠くから眺めても真っ赤な門はとても目立っていました。 筑波山神社の赤い大鳥居よりも赤く染まっています。 赤い随神門の奥に見える薄緑色の大きな屋根が拝殿です。 皆さん、ちょっと不思議に思いませんか? 人影が見当たらないでしょう。 実は参拝者や写真を撮っている方は沢山いたんです。 でも人が動いていると写らないんです。ちょっとでも立ち止まると写ってしまうから・・・撮り直しは多かったなぁ~ 拝殿の前に人影が写っているのは、一緒に同行された方にじっと動かないで立ってもらいました。殺風景より人影があった方がいいと思いませんか?

おまけは今週に筑波山で採れた「白モミ茸・赤モミ茸・紫シメジ」・・・調理法は、ごみをよく落としてから、ぬるい塩水でよく洗って油で炒めて、油揚げなどと一緒に煮て食べると美味しいですよ(*^_^*)。
白モミ茸・赤モミ茸・紫シメジ

↓応援ありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ



皆様、長い事有り難いコメントの返事もだせずに、誠に申し訳ありませんでした。

人生には、色んな事があり・・・輝きが無くなる時もあります。

今の私が、そうかもしれません・・・ でも輝きは取り戻せる時が必ず訪れます・・・。

前の晩、霧が凄く深かった! 明日はいい写真が撮れそうだ! そう誓って早起きしました。


まだ霧の深い早朝、自転車で部落の西側の田んぼに向かいました。 霧で10m先も見えません。

朝日はオレンジ色が幾重にもかかり幻想的な雰囲気です。 試し撮り・・・6:27分と表示されました。



まだ朝陽は、オレンジ色のままです。 色から光に変わるまでの数分間を十分に楽しめそうです。

何と言ったらいいか? 不思議な空間ですね。 胸いっぱい深呼吸して、息を止めシャッターを切る。

そうだ! この瞬間が自分が求めていた時間なのかも知れない! そう思いながら5mほど位置を変えて、またシャッターを切る! いやぁ~実に楽しい! 感動する! シャッターを切る手は止まらない!

部落がぼんやりと見えてきた。 高圧線の鉄塔も見えてきた! 色から光に変わる瞬間を・・・。



そろそろ、オレンジ色から光に変わる瞬間だ! そう心に思いながらシャッターを切る。 もうだいぶ時間が経ったように感じるが、まだ3分位だろう? 眩しく感じてきた、そろそろ光だ! 測光を変えずに撮り続ける。

部落がくっきり見える。  ぼんやりと山も見えてきた。 そろそろ光に変わる瞬間だ!



最後の写真の時間を見ると、6:30分・・・と言うことは3分間だった訳だが、随分と長く感じられました。
20分位の時間に感じられた! それだけ楽しめたと言うことでしょうか? 是が早起きは3文の得なのでしょうか?

↓応援ありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 私の大好きな・・・・Ⅱ。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。